CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
にほんブログ村
User Heat SEO解析
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
加古川市の根本治療専門院
鍼灸治療院きさらぎ 院長の独り言

ホームページでは伝えきれない役立つ情報、大切なメッセージ、
臨床雑話
ご覧になりましたか?『東洋医学 ホントのチカラ』
0

    2018年9月25日

    『東洋医学 ホントのチカラ〜科学で迫る 鍼灸・漢方薬・ヨガ〜』

    というNHKの番組が放送されました。

     

    ご覧になりましたか?

     

    鍼灸・漢方薬・ヨガの三部構成で、

    基本的には良い番組だったんですが、

    視聴した印象としては 鍼灸に関しては少々残念でした。

     

    東洋医学は西洋医学よりも劣った経験医学、

    今でもそういう認識の医師も多いし、

    一般の人たちにとってもそういう認識の人は少なくないでしょう。

    そんな風潮の中、医療の世界で東洋医学への関心が 年々高まってきているのも事実。

     

    東洋医学の効果を科学的に証明し、

    それを広く知らしめることは大変意義あることだと思います。

     

    ただし、特に「鍼灸」のコーナーでのアプローチは

    「鍼灸の効果とその機序を西洋医学的に考察し、効果を検証する」

    という印象のものでした。

     

    東洋医学はどのように人体を、病を捉え診断するのか。

    肝心な「東洋医学の理念・哲学」が抜け落ちていたのです。

     

     

    東洋医学では西洋医学のように

    人体を多くの部品の寄せ集めのようには考えません。

    機能的にも構造的にも、心身をもとより一つのものとして観ます。

     

    その証拠に東洋医学には西洋医学のような多くの科や、

    病名毎の専門性というものがありません。

     

     

    病はあくまで不調の結果に過ぎない。

    症状は心身に今起こっている異常事態を知らせる警報であり、

    必要があって現れているものと考えるので、

    緊急時を除いて症状を取ること自体を治療目的とすることはありません。

     

    心身全体を統一的に捉え、原因を見定め、

    心身全体を調整した結果として、病は癒えなければならない、

    と考えます。

     

    しかし、番組では西洋医学的に「鍼灸」にアプローチしているため、

    その最も大切な東洋医学の哲学、理論が抜け落ちてしまっていたのです。

     

    故に主に肩こり・腰痛などの筋・骨格系の疾患等

    西洋医学的に理解しやすいものばかりが取り上げられていました。

    これでは東洋医学を真に理解することにはつながらないでしょう。

     

     

    番組内で紹介されていた痛みのある部位と関係する

    経絡上のツボに鍼灸を施す方法。

    随経療法と言ってこれはあくまで対症療法です。

     

    美容鍼灸といって顔に何本も鍼を打つ。

    直接鍼を打っているのですからその部分の血流が良くなるのは

    当然のこと。 これも局所治療という対症療法です。

     

    婦人科疾患には「三陰交」

    過活動膀胱には「会陰」
    と紹介されてもいましたが、
    〇〇の病や症状には〇〇のツボ、という発想も西洋医学的な発想
    或いは東洋医学の中でも対症療法的な発想の治療です。

    対症療法自体が悪いわけではありませんが、

    症状を追うだけでは、たとえ症状が取れたとしてもそれまでのことです。

    なぜその症状が現われるようになったのか、

    根本原因は放置されたままですので、いくら治療しても焼け石に水。

    いづれ再発するか、別の症状となって現れることとなるでしょう。

     

    いたずらに症状だけを取ることは

    患者ご本人が自分の身体、

    ひいては日々の習慣の問題点と向き合う機会を

    奪うことにもなりかねません。

     

    患者本人の求めがあるからといって、

    痛み止めのような治療を提供するばかりで

    大切な気づきの機会を奪うことは医療者の怠りではないでしょうか。

    医療においては応えて良いニーズと応えてはいけないニーズが

    あると思います。

     

     

    症状別・病名別の対症療法ではなく、

    心身全体を調整し、治癒力をあげることで

    あらゆる病気の克服を目指すのが本来の東洋医学の哲学であり、

    鍼灸の効果を最大限に引き出す骨子となります。

     

    症状が消えるということは

    必ずしも治るということではありません。

    症状を感じなくなるということと

    症状を出す必要のない身体になることとは違うのです。

     

     

    西洋医学には西洋医学の

    東洋医学には東洋医学の長所・短所、特徴があります。

     

    皆さんには、そのことを踏まえた上で治療を選択できる

    賢い患者さんになって頂きたく思います。

    なぜなら、それが健康への近道なのですから。

     

     

    根本治療専門 鍼灸治療院きさらぎ

    TEL 079−421−9353

     

     

    | 損をしない上手な治療の受け方 | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
    治療を受ける上で必要なものってありますか?
    0

      Q 治療を受ける上で必要なものってありますか?

       

      A それは素直さです。

       

       

      治療を受ける上で必要なもの。

      いくつかあるなかで前回は「本気さ」、

      治療を通して自分と向き合い、

      養生や生活習慣の改善にあなたがどれだけ取り組めるか、

      あなたの本気さが必要ですよ、

      というお話をしました。

       

      次に大切なのは素直さです。

      柔軟さと言っても良いかも知れませんね。

       

       

       

      例えば、健康が西の果てにあるとするなら、

      病や不調のある身体は西以外に向いているようなもの。

      治療は、それを「こっちだよ〜」と

      あなたの心身を西向きに整えてゆくものです。

      いわば「馬のはなむけ(鼻向け)」ですね。

       

      医療指導や養生法の提案は、

      「進む方向はこちらですよ、

       そっち行くと道に迷いますから気をつけて」

      と整えた状態を出来るだけ維持して

      その状態で次回の治療を受けるための地図、水先案内です。

       

      それを素直に守って取り組むべきことに取組み、

      止めるべきを止めてゆくと自然と「西」へ向かって

      ゆくことが出来るわけです。

       

       

      なので、治そう、その為に自分で出来ることは何でもしようと

      決めている方、本気の方はすぐに実践なさいます。

      これまでの自分のやり方(姿勢・運動習慣、食習慣、精神習慣)が

      問題なのだから、それを変えた方が良いということをすぐに理解されて、

      それを変えていくことに躊躇がありません。

       

      もちろん、習慣を変えてゆくにはエネルギーが必要ですし、

      始めから上手くいく筈はありません。

      「上手く出来ない」ことだらけです。

      ですが、それが気づきになります。

       

      これが本当に大切なところです。

       

      そしてその時意識すべきことは

      例えば姿勢やエクササイズなら

      守るべきポイントを守って(守らんとして)実践するということ。

       

       

      意識して実践するからこそ、思い通りに修正できないこと、

      いかに無自覚に自分の心と身体を蔑ろにしていたかに

      気付くことが出来るのです。

       

      一歩前に進むからこそ、今まで見えていなかったことが

      見えてくるようになるのです。

      聞こえていなかったことが聞こえるようになるのです。

       

       

      ああ、そうだったんだ。そういうことか。

       

       

      その気づきが新しい世界を開き、新しい自分を育ててゆくことになります。

      それって楽しくないですか?

      ワクワクしませんか?

       

      新しい世界を知りたい、知らない世界を見たい。

      その好奇心は精神的な若さの証明だとも言えるでしょう。

       

       

       

      一方、本気で変わりたいと思っていても

      習慣を変えてゆくことはこれまでの自分を否定することだと

      受け止めてしまう方もいます。

      自尊心、自己信頼感の低さが原因です。

       

       

      「私はこうだから」

      「これが私らしさだから」

      「どうせ私なんて」

      「私には分からない、分かるはずがない」

       

      そうやって自分を小さく限って、自分の可能性を否定する思考癖、

      悲しい思考パターンを身に着けてしまっています。

      変化・成長を恐れ、昨日までの自分を守ろうとしてしまいます。

       

      なので、医療指導を守ったり、養生に励むことが出来ません。

      或いは励んだとしても守るべき・やめるべきポイントを無視して

      自分のやりやすいように「自分なり」に解釈して行ってしまいます。

      それはこれまでの習慣の延長上のものに過ぎず、

      習慣を変える、自分を変える、成長することにはつながっていかない、

      むしろ、悪習慣を益々強化させてしまうこともあるでしょう。

       

      なのに何故その習慣、そしてその思考習慣を改めないのか。

       

      その方が楽だからです。

      慣れた小さな世界にいれば安心できるからです。

      そこにいれば、傷つかなくて済むからです。

      そこにいれば本当は向き合うべきだと分かっていることからも

      逃げ続けていくことが出来るからです。

       

      なので、自分を変える、成長させるための取り組み、

      エネルギーの必要なことを進んでやろうとはしません。

       

      けれど、本当は分かっているんですよね。

      そのままではいけないことを。

       

       

       

      「これまえでの習慣、やり方を変えましょうと言われることは

       自分を否定されているように感じる。」

       

      それはあなたがあなた自身を否定しているからです。

      あなたがあなたを否定しない限り、

      誰もあなたの価値を下げることなどできません。

       

      あなたがあなたを否定しない限り、

      あなたには無限の可能性があるのです。

       

       

      新しい世界、知らない世界に飛び込むのは誰でも恐いもの。

      あなたはその時、どうしますか?

       

      恐いから逃げるのか、

      恐い、だから前に出るのか。

       

      恐くても先の世界を知りたい、変わりたい、成長したいと思うなら

      その想いに素直になりましょう。

       

       

      治療から素直に学び、素直に医療指導を守り、素直に養生に励めば、

      良い結果がでないわけがありません。

       

       

      素直って強いんですよ。

       

       

       

      TEL 079ー421ー9353

      加古川の根本治療専門院 鍼灸治療院きさらぎ http://sinq-kisaragi.net/
        ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
       

       

       

       

      | 損をしない上手な治療の受け方 | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
      治療を受ける上で必要なものってありますか?
      0

        Q 治療を受ける上で必要なものってありますか?

         

        A はい。それは本気さです。

           あなたの本気さが必要です。

         

         

        先天性・遺伝性の病や感染症など一部の例外を除いて

        多くの病や不調の原因は、あなたの生活習慣の中にあります。

         

        食習慣

        姿勢・運動習慣

        精神習慣

         

        つまり、昨日までのあなたの在り方の結果として

        今のあなたの健康状態があるということです。

         

        では、原因を改めずに結果が根本的に変わる、

        ということがあるでしょうか?

        ありませんよね?

         

        どんな治療をどれだけ受け続けたとしても

        原因を改めずに結果が変わるはずがありません。

        あなたが健康を取り戻すには

        生活習慣の改善、養生、セルフケアが必要だということです。

         

        「治療さえ受けていれば良くなるはず。」

        「楽して健康になりたい。」

         

        そんな不健全な考え方からは即刻卒業しましょう。

         

         

        ただし、今までの自分のやり方を変えてゆくには

        それなりのエネルギーが必要です。

        それはある意味、今までの自分を壊していくことでもあるからです。

         

        あなたにはその意志、覚悟がありますか?

         

         

        どうして治療を受けたいのか。

        何のために健康になりたいのか。

        その結果どうなりたいのか。どうしたいのか。

         

        しっかり向き合ってみませんか?

         

         

        その上で治療を受けるなら、

        あなたはそうでない方よりも格段に速く

        健康を取り戻してゆくことができるでしょう。

         

         

        逆にあなたがこれまでの問題のある習慣を改めない、

        医療指導を守らない、取り組むべきことをを取り組まないなら、

        どれだけ治療を受けても焼け石に水。

         

        同じ習慣を繰り返し、同じ負荷をこれから先も続けてゆく、

        ということですから、これまでどおりどころか、

        益々あなたのお身体は壊れてゆき、病や不調は慢性化・固定化し、

        より治りづらい状態を強化してゆくことになるでしょう。

         

        あなたはそれでも良いのですか?

         

         

        同じ治療を受けても、あなたの日常の在り方次第、

        どれだけ自分と向き合い、

        どれだけ変わるための実践と修正を繰り返してゆけるか、

        あなたの本気さ次第で治療効果は変わっていくのです。

         

         

        以上、治療を受ける上で最も必要なのは「本気さ」

        というお話でした。

         

         

        TEL 079ー421ー9353

        加古川の根本治療専門院 鍼灸治療院きさらぎ http://sinq-kisaragi.net/
          ブログランキング・にほんブログ村へ
        にほんブログ村
         

         

         

         

         

        | 損をしない上手な治療の受け方 | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) |