CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
にほんブログ村
User Heat SEO解析
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
加古川市の根本治療専門院
鍼灸治療院きさらぎ 院長の独り言

ホームページでは伝えきれない役立つ情報、大切なメッセージ、
臨床雑話
<< そちらの治療に合わない人はいますか?あるいは合う人はどんな人ですか? | main | 薄毛やハゲにも鍼って効果はありますか? >>
治療期間中はマッサージなどは行かないほうがいいでしょうか?
0

    Q 治療期間中はマッサージなどは行かないほうがいいでしょうか?
     

    A マッサージは避けましょう。

     

     

     

    適切な治療を受けた後は

     

    • 深い呼吸が出来るようになる
    • 頭がシャキっとし、目が開けやすく、視界がクリアになる
    • むくみがとれ、身体が引き締まる
    • 肌の弾力・肌艶が良くなる
    • 筋肉が活性化し、動きやすくなる
    • 身体の中心がハッキリし、立ちやすく歩きやすくなる

     

    などの良い変化が起こります。

     

     

     

    マッサージ、特に「痛気持ち良い」マッサージを受けた後は

    • 呼吸が浅くなる
    • 風呂上がりのように頭がぼやっとし、どんよりと眠くなる
    • 目を開けづらく、視界が重くぼやける
    • 身体全体が重くだるくなる
    • 肌・筋肉の適度な弾力が失われ、動きづらくなる
    • 身体の中心がぼやけ、安定して立てず、左右へのふらつきが大きくなる

     

    などの変化がおこります。

     

    まったく真逆ですよね。

     

     

     

    凝りが慢性化している身体は、感覚が鈍くなっているものです。

    鈍った感覚が「痛気持ち良い」と感じるマッサージの強さは

    身体としては刺激が強すぎるのです。

    強く触れられた瞬間に脳は拒否し、身体は硬直し、

    より感覚を鈍らせ、痛みを「気持ち良い」とすり替えることで

    その時間を乗り切ろうとします。

     

    また強いマッサージは、筋肉の繊維、毛細血管を傷つけてゆきます。

    その結果一時的に血行が良くなったとしても

    すり傷が治ってゆく時、その部位が硬くなるように

    筋肉・血管も修復してゆくとき硬くなります。

     

    マッサージ慣れしている方、マッサージ好きな方が

    マッサージを受けるほど身体が硬く鈍くなり、

    より強いマッサージでなければ満足できなくなるのはそのためです。

    積極的に身体を壊しに行っているようなものですね。

     

    特に多くの整骨院やクイックマッサージで行われているような

    無免許マッサージは、よりそのリスクが高くなります。

     

    慰安ではなく、本気で身体を治したいなら

    マッサージは避けることをお勧め致します。

     

    なお、リンパマッサージ、リンパドレナージュなどと呼ばれる

    筋肉を強押しする通常のマッサージとは違う

    軽い刺激のものは受けられても構いません。

     

     

    さて、以前、当院の鍼灸治療を受けている合間に

    マッサージを受けておられた方がいました。

    果たしてその結果は・・・・?

     

    気になる方は下記をクリック!

    http://turezure.sinq-kisaragi.net/?eid=36

     

     

     

     

     

    TEL 079-421-9353 

    加古川の根本治療専門院 鍼灸治療院きさらぎ http://sinq-kisaragi.net/
      ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    | Q&A(よくある質問) | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://hudoubou.jugem.jp/trackback/121