CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
にほんブログ村
User Heat SEO解析
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
加古川市の根本治療専門院
鍼灸治療院きさらぎ 院長の独り言

ホームページでは伝えきれない役立つ情報、大切なメッセージ、
臨床雑話
<< 電気・音波治療などもされますか? | main | 脳梗塞の後遺症に鍼灸治療は有効ですか? >>
治療間隔が空きすぎると効果は出ませんか?
0

    Q 遠方のため毎週通うことは難しいです。

       間隔が空くと効果は出ませんか?

     

    A そんなことはありません。

       必ず治療効果は出ます。

     

    もちろん、治療当初は特に治療間隔を詰められた方が

    治療経過は良くなります。

     

    何故なら、

    治療により心身が整い、治癒力が高まった状態を

    脳に覚えさせることが大切なのですが、

    治療頻度が高い方がその効率が良く、

    また治療効果が落ちない間に次の治療を受けることは

    治療効果を積み上げるという点で有利だからです。

     

     

    しかし、症状を取ることを目的とする対症療法でない限り、

    治療間隔が空いてもまるで効果がないということはありません。

     

    当院の治療は症状取りのための対症療法ではなく、

    あなたの弱った治癒力を高めるための根本治療だからです。

    つまりあなたが生きている限り、その

    潜在的な治癒力の強さ・大きさに応じて

    治療効果は必ず現れる 

    ということですね。

     

     

    治療効果は、必ずしも治療直後が一番良いわけではありません。

    治療は言わば、その時点時点で最良の状態に心身を整え、

    心身が良くなっていく方向づけ

    をしているようなものです。

     

    その方向づけが保たれている間は

    治療効果は治療後も続いてゆきます。

     

    そして、その方向づけを出来るだけ維持して、

    次の治療に備えるためには

    しっかりと医療指導を守り、養生に励むことが必要 となります。

     

     

    ただ依存的に治療を受けるのではなく、

    その点をよく理解して、取り組むべきことを実践し、

    主体的に治療や養生に臨まれるなら、

    短い間隔でただ依存的に治療を受けているだけの方よりも

    ずっと経過は良くなっていくでしょう。

     

    適切な治療ペースで受診出来ることに越したことはありませんが、

    様々な事情により、誰もがそれを出来るわけではないし、

    治療ペースだけが治療効果の大きさを決めるものでもありません。

     

     

    県外から来院されている方の中には

    午前と午後、1日に2回治療を受けて帰られる方もいますし、

    泊りがけで来られる方もいます。

     

    様々な受診の仕方があり、

    治療頻度が高まれば治療効果ももちろん上がりやすくなりますが、

    それ以上に自分が治療を受けたいと思うのは何故なのか、

    治療を受ける本当の目的が明確であるほどに

    治療や養生に臨む積極性・主体性が強くなり、

    治療効果はそれに比例するように大きくなります。

     

     

    もし、遠方の方で治療をご希望の際は

    その点をよくご理解の上、

    ご自分と相談してみてくださいね。

     

     

     

    TEL 079-421-9353 

    加古川の根本治療専門院 鍼灸治療院きさらぎ http://sinq-kisaragi.net/
      ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村  

    | Q&A(よくある質問) | 01:36 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://hudoubou.jugem.jp/trackback/125