CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
にほんブログ村
User Heat SEO解析
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
加古川市の根本治療専門院
鍼灸治療院きさらぎ 院長の独り言

ホームページでは伝えきれない役立つ情報、大切なメッセージ、
臨床雑話
<< シールのように貼っておく鍼がありますが、あれって効きますか? | main | 他の鍼灸院を紹介して頂くことはできますか? >>
かなりの汗かきで困っています。鍼で治療は可能ですか?
0

    Q かなりの汗かきで困っています。

       鍼で治療は可能ですか?

     

    A はい。治療は可能です。

     

     

    東洋医学ではあらゆる病や不調の背景には

    陰気と陽気、陰陽の不調和があると考えます。

    汗の症状もその結果として現れます。

     

    簡単に言うと陽気とは

    様々な生理的機能を活発化させる働きを持つ氣です。

     

    陰気とは陽気を適切に制御し、

    様々な生理的機能の過活動を抑制し、

    心身を休め、回復させる働きを持つ氣です。

     

    陰気と陽気の関係は自律神経、

    すなわち副交感神経と交感神経の関係によく似ていますね。

     

     

    さて、東洋医学では汗の症状を次のように分類しています。

     

    無汗・・・汗をかくべき時に上手く汗をかけない、汗が出ない・少ない。

     

    自汗・・・日中、暑くなくても出る汗。なかなか止まらない大量の汗。

     

    盗汗・・・夜間、寝ている間にかく汗。寝汗。

     

    脱汗・・・主に命に関わるような急性疾患で見られる汗。冷や汗・あぶら汗。

         手足の冷えや痺れ、呼吸の乱れなどを伴うことが多い。

     

    絶汗・・・脱汗の状態が進み、危篤状態に陥った時見られる汗。

     

    戦汗・・・風邪などの感染症罹患時、悪寒の後に現れる汗。

     

    など。しかし、

     

    症状はあくまで結果。問題なのは原因です。

     

    西洋医学でいう多汗症も自汗の一種ですが、

    人それぞれ病態も原因も違います。

     

    陰陽の不調和がどのような釣り合いで起こっているのか、

    どの内臓・どの経絡に異常があるのか、

    そしてその異常の原因はどこにあるのか。

     

     

    当院では症状ではなく、

    あなたの病態・原因に合わせて治療を提供致します。

    治療により心身の不調和・陰陽の不調和が整い、

    治癒力が高まれば、自然に症状は改善されてゆきます。

     

    お気軽にご相談ください。

     

     

     

     

    TEL 079−421−9353

    加古川の根本治療専門院 鍼灸治療院きさらぎ http://sinq-kisaragi.net/
      ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
     

     

     

    | Q&A(よくある質問) | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://hudoubou.jugem.jp/trackback/137