CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
にほんブログ村
User Heat SEO解析
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
加古川市の根本治療専門院
鍼灸治療院きさらぎ 院長の独り言

ホームページでは伝えきれない役立つ情報、大切なメッセージ、
臨床雑話
<< 仲直りのごめんね | main | 電話で治療!? >>
短気は損気
0

    質問したらすぐに答えてくれるグーグル先生の大活躍で

    「すぐに答えが出る」ということに慣れて

    何事にも「待てなくなった人」が多いそうです。

     

    携帯電話の登場で、待ち合わせでじっと待てなくて

    「今どこにいるの?(怒)」なんて

    すぐにイライラしたり。

    心当たりはございませんか?(笑)

     

    技術の発展で便利になることはもちろん良いことですが、

    その状態を「当たり前」と認識することは

    良いことばかりではないのではないでしょうか。

     

    3分待ったら食べられるカップ麺だって

    調理の仕上げをしてからが3分なだけで

    その前には大変な手間暇がかかっているんですよね。

    それを当たり前だと思うことは

    大切な何かを見失っているように思えてなりません。

     

     

    求める内容がなんであれ、

    「望んだ結果がすぐに得られないと満足できない」という精神状態は

    お菓子やおもちゃをねだって買ってもらえずに

    地団太踏みながら泣き叫んでいる幼児と

    精神構造上、何か違うのでしょうか。

     

     

    さて、鍼灸治療を受ける上でも

    「勿体ないな〜」と感じる患者さんが時々いらっしゃいます。

    望む結果がすぐに得られることに執着する患者さんです。

     

     

    子供の頃からの病や長年の慢性症状の背景には

    その症状を固定化・慢性化させる要因の積み重ねがある

    ということが言えます。

     

    そして先天性・遺伝性の病など一部の例外を除いて

    多くの病や不調の原因は

    姿勢・運動習慣、

    食習慣、

    精神習慣(思考癖)

    という日常習慣にあります。

     

    習慣とは、同じ選択・決断を繰り返して

    それを脳に身体に刻み込んできたということですから、

    その影響もまた身体にしみこんでいるわけです。

    症状はあくまでその結果に過ぎません。

     

    さて、当院の鍼灸治療、それ自体は症状そのものではなく、

    症状を引き起こした根本原因と現状を踏まえ、

    お身体の状況そのものをより良く整えて

    その人本来の治癒力を引き出すことが治療の目的となります。

    その 結果として 症状が改善してゆくのです。

     

    ただし、脳や身体に刻み込まれた習慣は

    慣れ親しんだ状況に戻ろうとしてしまいます。

    ですから、お身体の状況と

    そこに至らせた習慣上の問題点を理解し、

    それを改めてゆくことの必要性の説明、

    そして、その問題点をどのように改めてゆくかという具体的な養生法、

    或いは治療で整えた状態を次の治療までどうやって維持してゆくのか

    その方法をお伝えすること。

    ここまでが「治療院での治療」となります。

     

    お身体の現状と不調の原因を理解しようとするかどうか、

    理解した上で医療指導を守るかどうか、

    養生に励むかどうかはご本人の問題です。

    そしてそれが治療経過を大きく作用してゆきます。

     

     

    さて、新しい症状、表面的な症状は比較的速い段階で変化してゆきますが、

    内科的な問題や精神的な問題を孕んだ慢性症状の変化は

    身体全体の状況の改善が進んでから、遅れてやってきます。

    時間をかけて慢性化した症状を改善してゆくのですから、

    治療も積み重ねが重要なのは道理ですよね?

     

    ですが、「待てない人」「結果を急ぐ人」

    つまり、「慢性症状がすぐになくなること」に捉われている人は

    症状自体の変化に捉われているので、

    しかも0か100かに捉われていることが多いので、

    症状の背景にある原因の変化、身体全体の変化に無頓着になります。

    それがやがて症状の変化に育ってゆくことを待てないのです。

     

    1回〜数回、鍼灸治療を受けるだけで

    長年の病や不調が劇的に変わることを望むあまりに

    治療を受けて身体に起こっている様々な変化、

    鍼という働きかけに身体が応えてくれているからこそ起こる

    様々な変化を受け入れ喜ぶことができません。

     

    結果、「この治療は私に合っていない」「この治療は駄目だ」

    と判断してしまいます。

    そうしてもっと良い治療は、良い病院はないかと

    ドクターショッピングを繰り返し、

    治療院ジプシーになってしまうのです。

     

    「どこに行っても治らない」という人の多くが抱える問題のひとつが

    ここにあります。

     

    結果を急ぐから結果が出ないのです。

     

    そしてそこには自分の治癒力と可能性に対する信頼度の低さがある、

    と言えるかも知れません。

    なんとなれば、結果を急ぐ人はみな治療に依存的だから

     

     

    鍼治療という静かな働きかけに身体は必ず反応します。

    反応するのはあなたの潜在的な治癒力の働きです。

    あなた自身の治癒力があなたの病や不調を治すのです。

    その力を信頼してみませんか?

     

    短気は損気、ですよ。

     

     

    『遠くをはかる者は富み

     近くをはかる者は貧す』

        二宮尊徳

     

     

    当院は本気のあなたの味方です。

    お気軽にご相談下さい。

    全力でサポート致します。

     

    根本治療専門 鍼灸治療院きさらぎ
    TEL 079−421−9353
    公式サイト https://sinq-kisaragi.net/

     

     

    | 元気の底上げ通信(ほぼ臨床から) | 14:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。