CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
にほんブログ村
User Heat SEO解析
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
加古川市の根本治療専門院
鍼灸治療院きさらぎ 院長の独り言

ホームページでは伝えきれない役立つ情報、大切なメッセージ、
臨床雑話
<< 刺絡ってなんですか? | main | こけたら立ちなはれ >>
鍼って痛くないんですか?
0

    『鍼って痛くないんですか?』

    よくある質問です。

     

    あなたはハリ治療と聞いて、どんなハリを思い浮かべますか?

    恐らく注射針や縫い針ではないでしょうか?

     

    注射針の針先は、皮膚・筋肉を貫き、血管を突き破る必要があるので

    鋭利に尖っています。

    また薬液等を通す空洞の必要性から、太く硬く作られています。

    なので鋭い痛みが出やすいのですね。

     

    鍼治療で使う鍼は、注射針や縫い針のような硬さはなく、

    また構造がまるで違います。

    鍼治療用の鍼は、しなやかな弾力性があり、

    番手によっては髪の毛より細いものもあります。

    鍼先も注射針のような皮膚を切り裂くものではなく、

    皮膚・筋繊維の隙間を分け入り進むのに適した形、

    丸みを帯びた切先になっています。

     

    柔らかくよく撓り、先端が鋭くない鍼をまっすぐに刺し進めるには

    それなりの技術が必要です。

    鍼の弾力性と切先の形状、術者の技術により、

    鍼の痛みは非常に低く抑えられます。

     

     

    しかし、どんな条件、どんな部位に鍼を打っても「無痛」

    というわけにはいきません。

    部位により、またあなたの感受性や精神状態によっても

    痛みの感じ方は変わってしまうからです。

     

    例えば「痛そう」「恐そう」と身構えていると筋肉は硬くなり、

    過敏になってしまいます。

    さらに「痛み」に意識が集中してしまうことで

    より痛みを感じやすくなってしまいます。

    痛みに捉われていない人が感じる鍼の感触を1とすると

    痛みに捉われている人は10にも20にもしてしまうのです。

    その結果、本来受け取ることが出来たはずの豊かな身体の変化を

    受け取ることが出来なくなってしまいます。

     

    治療を受けるにあたっては、様々な思考、思い込みを捨て、

    リラックスして変化を受け入れる準備をして

    治療に臨むことが肝要なのです。

     

     

    とはいえ、どうしても怖くて仕方がない、という人も時々います。

    男性に多いのですが、痛くなくても「次は痛いんじゃないか」と

    緊張を解くことができないのです。

    鍼を構えただけ、まだ打っていないのに

    「痛い!」と訴えることもあります。

    頭の中で痛みを作り出してしまうのですね。

     

    こうなると治療になりませんので、

    こういう方には「刺さない鍼(刺さらない鍼)」、

    主に体力のない人や乳幼児に用いる「てい鍼」を用います。

    そういう選択肢もあるんですね。

     

     

    いずれにせよ、基本的に鍼治療には恐がるような痛みはありません。

    鍼を打っている時、「今、鍼を刺しているんですか?」と

    聞かれることもありますし、

    「今日はどこに刺したんですか?」と聞かれることもあります。

    その程度の痛みだということですね。

     

    あなたも一度体験してみれば、

    「なんだ、この程度の痛みか、怖がって損した」と

    拍子抜けされることでしょう。

     

     

     

    さて、今あなたの前には二つの道があります。

    一つは治療を受けて元気になってゆく道。

    一つは病や不調をほおっておいて、

    見も心もボロボロになってゆく道です。

    あなたはどちらの道を行きたいですか?

     

     

    頭の中で作り出した「鍼は痛い、鍼は恐い」という先入観、

    それを治療を受けない言い訳にしたい気持ちと

    よしんば痛みがあったとしても、健康を取り戻し、

    毎日を笑って生きられるよう今すぐに治療を受けてみようとする意志。

     

    今のあなたに必要なのはどちらですか?

     

     

     

     

     

     

    加古川の根本治療専門院 鍼灸治療院きさらぎ http://sinq-kisaragi.net/
      ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
     

     

    | Q&A(よくある質問) | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://hudoubou.jugem.jp/trackback/58